リフォームの種類と方法

茶色のビル

新築当時は綺麗でも、年月が経つと剥がれ落ちたり劣化するのが外壁です。
外壁は定期的なメンテナンスが必要な住宅設備であり、それを放置すると更に劣化します。
そうなると雨漏りをしたり亀裂が入ったりして、住宅全体に及ぼす影響が大きくなります。
外壁リフォームに使用される塗料は様々な種類があります。
シリコン・フッ素・アクリル系等、好みやニーズに合わせて選ぶことができます。
壁全体に耐久性を持たせ、地震に強い家に仕上げたいのであれば、シリコンを選択します。
シリコンは現在最も多くの住宅に使用されている塗料であり、安全性が高く持ちも良いです。
住宅全体に塗る事で頑丈になるため、強い家造りを目指す人にはピッタリです。
艶のある綺麗な住宅を目指すなら、フッ素系を選択します。
耐汚性があるため、雨によるシミやほこりやゴミ、住宅に付いたあらゆる汚れが水を掛けるだけで落とす事ができます。
アクリル系は塗料の伸びが良いため、塗った時の仕上がりが綺麗に決まります。
またリフォームには、断熱や遮熱効果も期待できる塗装があります。
通常の外壁でもその塗料を使用すれば、真夏の強い紫外線を室内に侵入させずに防御します。
そうする事で室内に居る人間を守り、家具やフローリングの劣化を防ぐ事も可能です。
外壁リフォームは長年の汚れを落とし、綺麗に一新する事を目的としています。
新品同様の見た目になる事で、まるで住宅全体を作り変えたかのように仕上げます。
近年は温暖化の影響で、超大型台風や暴雨、洪水や竜巻と言った異常気象が発生しています。
大切な家族と家を守るために、外壁のメンテナンスはとても重要な作業となります。
亀裂や雨漏りを見逃さず修復する事で、自然災害から守る事ができます。
塗装方法や費用は異なりますが、塗装は10年に一度の見直しが必要なため、その都度最適な方法を判断する事が重要となります。
そうする事で、その時できる最高の住宅対策となります。

オススメリンク

白い洋館風の建物

計画的に取り組もう

新築の時の塗装は、だいたい5年から10年で劣化が始まります。
そこで初めてのリフォームを行いますが、ではその次の再塗装はいつ頃が良いのかというと、だいたいそれから10年から15年後と言われています。
これは使用した塗料にもより、また家の周囲の環境によっても差があることから確定し…Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目の記事

    メンテナンスが必要な理由

    ご存知のとおり、日本は温暖で湿気が多い気候です。ですから、風通しの良い住居が気候に適しています。しかし、風通し...

    Readmore

    より一層盛んになってきている

    現在でも外壁のメンテナンスは盛んですが、今後は更に盛んになることが予想されます。なぜなら、新築の住宅が以前に比...

    Readmore

    大切なお家を守るために

    家を建てて5年から7年ほど経つと、美しかった外壁にも汚れが目立ってきます。その間、幾度もの雨風を受け、空気の汚...

    Readmore